« 久々 | トップページ | 盆明け »

2010年8月11日 (水)

首相談話

日韓併合100年を迎え、昨日首相談話が発表されました。

過去の村山談話から踏み込んだ内容となっており与野党問わず物議をかもしています。

果たして、このタイミングでこの談話を発表したことの背景は何か。非常に政治的な意図がぷんぷんと匂ってきます。確かに過去に日本と韓国の間には不幸な歴史がありました。それは否定することはありません。韓国を含めアジア諸国との間で過去の戦争における不幸な歴史に関して、村山談話が行われたのです。この村山談話によって過去の歴史に関してはアジア諸国と認識を共有しているのです。

その中で今回の菅談話は韓国に絞って両国間の関係において談話を発表されました。これは官房長官の主導で行われたとの報道がありますが、その通りでしょう。この談話は官房長官の自己満足であり、国家のことを考えたことではありません。今後、この談話が外交上大きな影響を及ぼすことは必須であります。

謝罪を繰り返し、過去ばかりにとらわれるやり方は未来志向ではありません。いつまで謝罪を繰り返すのか、その呪縛は民主党でもっとひどくなるでしょう。

この談話でこれからのアジアとの関係を注目しなくてはいけません。民主は政治主導という言葉にこだわりすぎています。国家観の欠如は今後いろいろな外交の場面で大きな齟齬をきたすでしょう。外交は個人の思いで動くものではなく国家の歴史と未来を見据えて動くものです。このような政党がこれからも外交を担えば国益はどんどん喪失していきます。

いつまでも自分たちのプライドにしがみつくことなく柔軟な考え方で政治をつかさどってほしいです。これからの日本、また心配事が増えました。

|

« 久々 | トップページ | 盆明け »

コメント

個人レベルで無く国家の意思として表明した事は誠に遺憾です。
ネットで10分も検索すれば過去に何があったか画像付で出てくるのでここには書きませんが、
1つだけ書かせてください。
「インドネシアはどうやって独立したか?何があったか?」
これを読んでいるパソコンで調べてみてください。
動画サイトなら動く映像で知ることができます。

あなたの父親やおじいさんが外国で如何わしい行為を行ったと本気で思いますか?

投稿: JARO | 2010年8月12日 (木) 11時08分

コメントありがとうございます
インドネシアもそうですが、台湾などもそうです。戦争という不幸な歴史は戦勝国の論理だけでは片付きません。未来への関係をどう築くかです。今の政府は間違った方向を向いています。

投稿: kawashima | 2010年8月12日 (木) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相談話:

« 久々 | トップページ | 盆明け »