2010年8月30日 (月)

引越し

アメーバからの勧誘に屈し、いよいよココログからアメーバにブログを引越ししました。長い間ココログにお世話になりました。ありがとうございました。(新ブログはこちら)

これからはアメーバでしっかりと発信を続けていきます。引き続き「川島隆二走ってます」をよろしくお願いいたします。

移った理由は?

特にこれといった理由がないのです。浮気心でしょうか。

なお、「川島隆二走ってます」で検索をいただければ今までと同じようにアクセスできると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

民主党代表選

いよいよ民主党の代表選も熱気を帯びてきましたね。

菅総理と小沢前幹事長の一騎打ちになるでしょう。石原都知事が言い得て妙な発言をしました。金権政治派と無為無策派の争い、まさにそうでしょう。どっちに転んでも日本にとっていいことはないでしょう。ましてや現職の総理は代表選に全身全霊を傾けると言ってましたが、党内の権力闘争を国家の経済危機より優先させるその姿勢は何を考えているのだろうと思います。もっと国民のことを考えてもらいたいです。やはり政局好きの政党ですね。

ここでひとつ、小沢さんのほうが筋が通っていることがあります。それはマニフェストを堅持するという姿勢です。前にも書いた通りマニフェストは政党と国民との契約でありますのでそもそも総理が変わろうと変わらなかろうと政党として責任を持たなくてはいけません。それをあれだけ修正をかけるのならもはやマニフェストではなくなっています。そもそもの意味が分からずやっていたのだとしたらその程度なのでしょうが、政権を持つという意味をもう一度よく考えていただきたいです。国民との契約を簡単に反故にできないという思いをもっている小沢さんのほうがよっぽどよくわかっているのだと思います。

もし修正をするならば契約破棄、すなわち解散総選挙をやるのが当たり前の話です。それだけのことをやってきたのだからそうしなくてはいけません。もしできないのならば民主党は国民の信頼をもっと失うでしょう。

いずれにしてもどっちが勝つにしろそのつけは国民に回ってきます。いつまで政治不況を招くつもりでしょうか。いい加減にしてほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

円高

暑い中政府の無策ぶりが目につきますね

円高株安が進行しています。昨日の財務相の記者会見はお粗末でしたが、菅総理も同様です。労働界から経済対策の要望を受けたことを話し、やることはやっていると言ってましたがそれがやることでしょうか?円高対策そういうことではなくて日銀とよく協議し政府日銀双方で最善の策をとることです。昔も今も日銀の対応の遅さは変わりませんが、政府はもっと日銀にプレッシャーをかけるべきです。このままいくといまの景気悪化は政府主導の不況に突入します。

ただでさえ党内政局ばかりの政党ですからこれ以上そんなことをやっていたら政治不信は爆発的に増大するでしょう。民主党の行き着くところは亡国への道でしょうか。

菅総理も自分のことではなくて国民のことを考えていただきたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

少し遅いですが

興南高校優勝おめでとうございます。先日、ニュースで凱旋の模様が流れていましたが、沖縄県勢にとっては悲願の夏の優勝です。そして、極めつけは春夏連覇。史上6校目の快挙ということで2重の喜びでしょう。

僕のころの興南高校といえば仲田幸司のころであのころは5季連続出場をしていて沖縄では敵なしだったのですが、甲子園では池田高校やPL学園など強豪揃いのなかでやはり1ランク下の印象でした。しかし、最近は沖縄尚学、沖縄水産、八重山商工など本当に強いチームが沖縄からできてきます。北海道も沖縄もそうですが、いままで勝てなかった高校が優勝争いまで出来るようになったのはすばらしい事だと思います。

特に沖縄には日本人は特別な感情を抱いていて、今回の優勝を喜んでいる人たちは例年より多いと思います。

私も元高校球児として今回の興南高校の優勝は本当にうれしかったです。

しかし、問題は滋賀県勢の優勝がまだ一度もないことです。今年の北大津なんかは非常にいいチームでしたが、残念でした。ただ、あの戦いぶりをみていると来年が楽しみです。来年こそは滋賀県勢初の優勝がみれることを期待して甲子園を楽しみたいと思います。

虎姫高校も初出場目指して頑張ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

県庁にて

昨日は長浜と大津を2往復しました。朝から予算の聞き取りを行い、昼に長浜へそしてすぐに県庁へ戻ったのです。車で移動しましたが、やはり往復2時間はかかりますのでなかなかの時間のロスでした。

しかしながらこれだけ時間をかけるだけの話を長浜でも聞くことができました。教育の在り方子供との接し方非常に勉強になりました。これからの教育行政と向き合う上で参考にさせていただきます。

さて、夜には県庁姉水会の会合がありました。県庁の虎姫高校出身者でつくる同窓会ですが、今回は50人弱の参加がありました。この県庁姉水会は県庁の学閥の中でも非常に結束力が強く一大勢力となっています。私もその一員に加えていただいていることは非常に光栄なことであります。先輩方から叱咤激励をいただきながらありがたいアドバイスを頂戴しているところです。それぞれのお立場で県政発展のために尽くしていただいている皆様とともにまた頑張らせていただきたいという思いを改めて強くしたところです。

最後に恒例の「日東第一」を全員で合唱しお開きとなりました。

そのなかで宿題もいただきました。また県教育委員会の皆様にお話に伺いますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

この差は?

イギリスでキャメロン政権が100日目を超えました。いわゆるハネムーン期間が終了したのです。この間のキャメロン政権への評価は概ね上々です。いわゆるマニフェストの実行が矢継ぎ早にされているのです。もちろん国民にとって痛い内容のマニフェストも実行されています。厳しい内容でもしっかりと実行がされれば国民は支持をするのです。

一方で日本はどうでしょう。民主党は政権後退後マニフェストの変更や後退ばかりでした。国民の反発を招いたからとか経済状況が変わったからとか言い訳はよく耳にします。しかし、そもそもこのマニフェストが日本の国益につながるといって出したものなら信念をもってやるべきです。しかしながら現状はそうなっていません。このことが政治不信につながります。

イギリスと日本の政治家の差がでているとしかいいようがないです。結局政権交代も政治家の覚悟と信念が問われているのです。自民党も政権交代を目指すなら自分たちの掲げる政策が国益にかない国民の幸せにつながるという覚悟と信念をもって実行していくべきでしょう。耳障りのいいことを話すのは簡単です。しかし国民に覚悟を求めることをいうのは政治家の信念の言葉が必要です。今の総理にその覚悟と信念があるのか、問うべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

変化

新聞紙上でそろそろ行われるアメリカの中間選挙特集がだんだん組まれるようになってきました。チェンジを掲げて当選したオバマ大統領の政策を2年たってどう評価するのか、注目されるところです。

基本的に社会保障の充実を掲げ大きな政府路線を標榜していますが、アメリカは伝統的に小さな政府路線です。これはアメリカ人気質によるところもあるのですが、自由の国としては何をするのも個人の責任であり政府が過度に介入するのを嫌います。その上に成り立っていたのが共和党であり、またその反対が民主党でした。最近のアメリカ経済の疲弊はそのまま国民生活に直撃をし、社会保障の充実を国にもとめていき、社会のひずみが大きくなったのがチェンジを求めた国民心理だったのです。

いまそのチェンジをしたアメリカもゆれています。本当に今の路線でいいのか、熱狂的に迎えられたオバマ大統領もここにきて国民の支持を失いつつあります。そのなかでこの中間選挙はこれからの2年間を占う意味で重要でしょう。もし、負けたときにアメリカが自国民をつなぎとめるためにどこの国を攻撃材料に使うのか、昔だと日本の自動車産業でしたが、残念ながら今回は中国でしょう。

もはや日本は重要な国から外れつつあります。世界の中で日本の占める地位は著しく後退しています。それは政治のまずさでしょう。今の政府の無策ぶりがそれに拍車をかけています。今度の代表選も政策は何も聞こえてきません。数あわせばかりです。

そして円高対策、景気対策、何も聞こえてきません。本当に大丈夫か、自己保身はもうやめにしましょう。民主党さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

盆明け

お盆も明けました。15日には毎年恒例の高島へのお墓詣り。そこでいとこの子供が来ていました。家の娘より大きいのですが、一緒になってハイテンションで遊んでいました。最近の少子化でご多聞にもれず、娘の世代の親戚のこどもの数は少ないです。僕のころには同世代の親戚が多かったのですが、これも時代の流れでしょうか。お墓詣りなど親戚の多く集まる行事は賑やかなほうが楽しいですね。今年は母方の祖母の7回忌があります。もう7年かと思うと月日の流れの速さも感じます。

さて、このお盆でまた首をかしげることがありました。それは靖国参拝を全閣僚が見送ったことです。このことは何に遠慮してこういう措置を取ったのでしょうか。今年は終戦65年という節目の年にこの内閣の方針はいただけないと思います。靖国には戦争で祖国のために散って行った英霊たちが眠るのです。いろいろな政治的な動きは別にして英霊への感謝の気持ちを表すのは大事なことです。これから戦争をしないという誓いを立てる意味においても彼らに哀悼の意を表するべきでしょう。今の日本の姿は戦後の繁栄のなかで形作られています。これからの日本を構築するためにも戦争というものを客観的に分析する上でもどこの国に遠慮するようなことがあってはいけません。日本の戦争の歴史は日本の歴史であって他国の歴史ではないのです。

平和を希求するためにも靖国を避けて通ってはいけないと思います。そういう意味ではこの内閣は日本の歴史から逃げてしまいました。このことが日本国民に与える影響は大きいと考えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

首相談話

日韓併合100年を迎え、昨日首相談話が発表されました。

過去の村山談話から踏み込んだ内容となっており与野党問わず物議をかもしています。

果たして、このタイミングでこの談話を発表したことの背景は何か。非常に政治的な意図がぷんぷんと匂ってきます。確かに過去に日本と韓国の間には不幸な歴史がありました。それは否定することはありません。韓国を含めアジア諸国との間で過去の戦争における不幸な歴史に関して、村山談話が行われたのです。この村山談話によって過去の歴史に関してはアジア諸国と認識を共有しているのです。

その中で今回の菅談話は韓国に絞って両国間の関係において談話を発表されました。これは官房長官の主導で行われたとの報道がありますが、その通りでしょう。この談話は官房長官の自己満足であり、国家のことを考えたことではありません。今後、この談話が外交上大きな影響を及ぼすことは必須であります。

謝罪を繰り返し、過去ばかりにとらわれるやり方は未来志向ではありません。いつまで謝罪を繰り返すのか、その呪縛は民主党でもっとひどくなるでしょう。

この談話でこれからのアジアとの関係を注目しなくてはいけません。民主は政治主導という言葉にこだわりすぎています。国家観の欠如は今後いろいろな外交の場面で大きな齟齬をきたすでしょう。外交は個人の思いで動くものではなく国家の歴史と未来を見据えて動くものです。このような政党がこれからも外交を担えば国益はどんどん喪失していきます。

いつまでも自分たちのプライドにしがみつくことなく柔軟な考え方で政治をつかさどってほしいです。これからの日本、また心配事が増えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

久々

久々にまとまった雨が降りましたね。って喜んでいられないような台風の状況です。お隣の三重県では堤防の決壊で避難している方々もいられます。避難には充分気をつけて安全確保に努めていただければと思います。被害に遭われえた方々にお見舞い申し上げるところです。

昨日の夜のWBSで地域のゆるきゃらということで静岡のキャラが紹介されていました。途中でちらっと見ただけなのでよくわからないのですが、最後に全国のキャラが紹介されているときに滋賀県のしったかいつぶりがありませんでした。地方ローカルのテレビ局などのご当地キャラの紹介だったので当然でるものだと思っていたので残念でした。

まだまだ浸透度が足りないのでしょうか。私なんかは非常に好きなキャラなのでもっと露出できることも考えていきたいものです。

明日は、旧湖北町のゆるきゃらが知事訪問をされます。県独自のゆるきゃらを作成し、従来からのゆるきゃらが埋没していく危機感から知事に直訴状をもっての訪問です。私も明日はちょうど県庁に来ていますので、一緒に直訴しようと思います。

戦国時代にお上に逆らうと打ち首なのですが、後で仕返しされないように和気あいあいでいけるかどうか、お江は血気盛んなのでわかりません。明日は、どうするのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«宴のあと